© 2016 by MUSIC POWER for ALL.

集団音楽療法サービス(病院・施設向け)40分〜60分

 

参加される皆様が主役として楽しみながら、心身の健康を促進する参加型の集団セッションです。
主な活動内容

動く(音楽に合わせた体操)

演奏する(本物の打楽器を使用した演奏)

声を出す(発声練習)

歌う(お好みに合わせた歌唱)

聴く(療法士による本格的な生演奏を聴く)

​リラックスする(音楽による呼吸とリラクゼーション)

​思い出す(回想法を取り入れた対話)

集団セッションのメリット

集団だからこそ感じられる音楽の迫力、達成感と一体感があります。また他者と繋がり合う、気持ちを共有する、共に達成感を得ることも集団の魅力です。

 

集団であっても、参加されるお一人一人の存在を大切にするため、私たちは参加される皆様と個人的に関わる時間を1回は持つように心がけております。

開始前の握手、声かけ、活動途中の会話、終了後の声かけなどです。

 

 

 

 

 

参加人数について

20名以下が最適です。

対象となる方、一人一人がご満足いただける活動を提供するためには、集団音楽療法の参加人数は20名以下を理想としております。

よく動く子供など、対象者によっては少人数での実施が望ましいです。

しかし音楽療法を取り入れる形態によってはそれ以上になることもございます。その場合は病院・施設・学校のスタッフ皆様のサポートをお借りできることが条件になりますが、グループの目的に沿ったプランをご提案させていただきます。

 

 

個人音楽療法サービス (施設・ご家庭向け)(30分〜45分)

個人の状態とご希望に沿った音楽療法プランをご提案しています。個人の目標に沿ったプログラムをご提供し、細かなニーズにも対応できるのが個人音楽療法のメリットです。

個人音楽療法のご依頼は2種類あります。

1)      療法士がご家庭に訪問するスタイル(条件がございます)

2)      病院・施設へ訪問するスタイル(施設との調整が必要です)

 

 

回数・頻度について

最低月2回の頻度をお勧めします。

私たちが提供する音楽療法で大切にしていることは対象となる方との「関係性」です。

同じ療法士が継続的に対象者と関わることで、信頼関係を築くことができます。

 

一度きりの音楽レクやコンサート等とは異なり、治療目的を設定した上で継続的に関わることが音楽療法です。

これらの理由から、最低月に2回以上の頻度をお勧めしております。