© 2016 by MUSIC POWER for ALL.

 

「音楽療法とは?」

音楽療法とは、音楽の作用を用いて対象者の身体面・精神面・社会面に働きかけることで心身機能の維持・改善と生活の質を促進するものです。

 

音楽療法は、EBM (Evidence Based Medicine) 根拠に基づいた治療法の一つです。音楽療法の効果は世界中の専門家による研究によって明らかにされており、現在も急速に研究が進められています。

「音楽療法士とは?」

音楽療法は専門教育を受けた資格を有する音楽療法士によって計画的に、また継続的に提供されます。療法士は対象者との音楽を介した関係性の中で、対象者がより望ましい方向に進むことを導きます。

 

MUSIC POWER for ALL.に所属する音楽療法士は米国又は日本国内で専門教育を受けており認定資格を有しています。療法士、アシスタント共に定期的な研修・指導と専門的な学びを深めるための音楽療法スーパービジョンを受けています。

 

 

「日本の音楽療法の現状」

日本の音楽療法の現状は先進国の中で遅れていると言われています。

専門職としての音楽療法士が常駐している病院・施設は少なく、未だ音楽療法についての正しい知識も行き届いていないのが現状です。

また、国家資格としては認められておらず、専門職としての立場が整備されていないため、誰でも音楽療法を行える環境にあることも事実です。

現在MUSIC POWER for ALL.では音楽療法士が外部講師として各施設・学校に出向き音楽療法を提供する方法をとっています。

それは、まず現場の皆様をはじめ、社会全体に音楽療法を知っていただくための第一歩だからです。

専門知識と音楽療法の立ち上げを行った経験を持つ音楽療法士が、環境に適した無理のない持続可能な音楽療法をご提案させていただいております。

 

「音楽療法の種類」

現在音楽療法の実践には多くの種類・学派が存在します。

しかし大きく分けると下記の5つになります。どの種類の音楽療法を用いるかは、対象者の状態、環境、治療目的によって使い分けられます。

 

心理療法的音楽療法

教育的音楽療法

医療的音楽療法

癒し的音楽療法実践

心理療法的音楽療法

「個人音楽療法と集団音楽療法」

音楽療法は個人で受ける場合と、集団で受ける場合があります。

これは対象者の状態、環境、ご希望に合わせて選んでいただくことができます。

 

例えばベッドサイドで行う音楽療法では個人音楽療法がベストです。逆に社会との繋がりを必要とする状態の方、または病院・施設内での活動であれば、集団音楽療法が適切でしょう。

 

「受動的音楽療法と能動的音楽療法」

音楽を聴きながらリラクゼーションへ導く方法は受動的音楽療法と呼びます。

アクティブに楽器を演奏する、歌う、語り合う活動は能動的音楽療法と呼びます。

 

この二つを組み合わせたり、使い分けることで対象者のニーズにあったプログラムを提供することができます。